狭小住宅の賢い建て方

狭小住宅は構造次第でコストが大きく変わってきます。

当サイトでは、狭小住宅を建てる際のコストについての情報をいくつかご紹介しています。
建築する住宅がコンパクトでシンプルだと建築費が安いと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。
土地面積の割にトータルの費用がかさむ場合もありますし、隣近所との距離の関係で特殊な足場が必要になる場合もあります。
また、駐車スペースを確保しなければいけなかったり、資材置き場が離れるなどして運送費がアップすることもあるようです。

狭小住宅だから安いわけじゃない!高コストになってしまう理由

狭小住宅だから安いわけじゃない!高コストになってしまう理由 狭小住宅を建築する場合には、一般的な住宅よりも高コストになってしまうことが少なくありません。
スペースを確保しようと三階建てにしたり、中二階を設けたりすることが多いからです。
狭小住宅の中には、地下室がある住宅もあります。
このような縦に長い住宅は、二階建ての家を建築する時の設計とは異なっています。
二階建ての住宅だと免除されている構造計算が必要なので、その分余分な手間がかかってしまうのです。
また、階段の数も増えることで建築の際の工数も多くなります。
それから階数が増えると地盤にかかる負担も大きくなるので、地盤改良が必要になることもあります。
そういったコストがかさんで、狭小住宅を建築するトータルコストが上がってしまいます。

狭小住宅は意外とコストがかかる点に注意が必要

狭小住宅は意外とコストがかかる点に注意が必要 狭小住宅なら面積が狭いのだから費用もあまりかからないと考える人が多いのですが、実際には意外とコストがかかるものですので注意が必要です。
一般的な住宅の建築費と比較して面積比で2~3割もアップしてしまうこともあるようです。
なぜ高くなるのかというと、土地面積が狭いために縦方向でスペースを確保することになり、設計や建築時に余計な工数がかかってしまいます。
そうしないと居住面積を確保できなくなりますので仕方がないのですが、工数がかかれば費用がかさみますのでコスト面が厳しくなります。
実際に狭小住宅は3階建てになることが多く、1フロアあたりの面積の小ささを階数でカバーすることが多いようです。
また、駐車スペースを考えると1階部分に確保することになりますので、1台で4坪程度のスペースだとしても大きな金額になってしまいます。
居住スペースの中に駐車場をつくると高くなりがちであり、特にビルドインガレージなどはお洒落で見た目にも良いのですが高額です。
狭いと騒音問題にも気を使わなければなりませんので、そういった細かな諸々のことにもお金がかかります。
資材を運ぶための運送費や運ぶ時間なども考慮に入れなければならず、作業日数や人件費が余計にかかる点に注意が必要です。

東京の狭小住宅関連リンク

狭小住宅 東京